木. 2月 29th, 2024
ideate株式会社,卸,大きいサイズ,新宿,評判

話題の学び情報 blog担当です。

 防犯カギは、今話題になっている、空き巣の手口である、ピッキングやサムターン回しなどに対応することができる、かなり防犯効果があるカギのことをいいます。

 防犯カギを選ぶときには、CP-Cカギを選んだほうがいいでしょう。これは全国防犯協会連合会が認定しているカギで、シリンダータイプのカギになります。防犯効果がかなり高いカギと言われていますが、なぜカギが重要なのでしょうか。

 防犯効果が高いカギを取り付けるということで、侵入させないようにすることが可能になります。空き巣が簡単に鍵を開けてしまうと、すぐに侵入できますが、なかなか開かなければ、諦めて帰ってしまいます。ですから、カギを選ぶ場合には、防犯カギを取り付けるようにしましょう。

 自分たちで、中に入れない防犯対策も必要です。そこでシリンダータイプのカギというのは、防犯性がかなり高いと言われています。取り付けるのはそれほど難しくなくて、10分ほどで取り付けられます。鍵違いの数は、何と1億5千万通りもあります。ピッキングが難しいとされていますし、耐久性にも優れているという特徴が、シリンダーカギにはあります。防犯効果を高めるためには、シリンダーカギを取り付けることをお勧めします。

 最近は、合鍵を作れない、キーコピーが不可能な防犯カギなどもあり、さらに防犯効果が高まっています。自分の家を守るためには、空き巣に侵入させないことが重要で、そのためにはカギから考えていく必要があります。

ideate株式会社
https://www.ideate.tokyo/